toggle
2020-06-08

エンピツプロジェクトさんからインタビューを受けました

青梅幼稚園では今年の2月にエンピツプロジェクトとして手づくりの色エンピツをこども達と作りました(自由参加)。新型コロナウィルスの影響でエンピツはまだカンボジアに届いていないとのことですが、代表の小澤さんから「必ず届けます!」と力強いお返事をいただいております。楽しみに待ちたいと思います。

そんな中、先日インタビューを受けました。リンクを貼っておきますのでどうぞご覧になってください。海外のこども達と直接つながる体験はとても貴重だと思いますし、青梅の木を使った活動としての「木育」という視点や青梅幼稚園の保育についてなど他にもいろいろ話しております。

 

青梅幼稚園 横山 牧人 園長「持続可能な教育とは」

関連記事

職員室


教材が置いてあります。

りす・こりす


3歳児・満三歳児クラスのお部屋。

フリールーム


預かり保育、礼拝、健康体操など多目的に使います。

うさぎ


3歳児のお部屋。少人数にはぴったり。

お庭


5月にはグミの実が、夏から秋にかけて野イチゴが採れます。

きりん


4・5歳児の縦割りクラスです。

園長室


園長がお仕事をしています。

こひつじ


地域の親子が遊べるお部屋です。

ぱんだ


4・5歳児の縦割りクラスです。

こどもトイレ


壁紙も木の扉も先生の手作業できれいにしました。


のぼる子ども多数。下にはスギのウッドチップ。

ポスト


のぼるところ。宝物などをしまうところ。

ブランコ


ブランコを片付けるのは年長さんの証です。